有機土壌改良の元「ライズ」「コンポライズ」


「ライズ」で土壌改善

ライズに含まれている微生物が作物残渣の発酵と分解を促し、その栄養は土に還り土壌が活性化され改善されます。


rize_cycle有機栽培の循環

種まき・成長

植物は大事な養分を、土から吸収します。根が丈夫な苗は健全な生育となり、虫や病気に負けにくくなります。

収穫

良い土壌から栄養をたくさんもらった野菜や果物は美味しく実ります。
土の養分は、植物に吸収された分失われます。

発酵

その養分を吸収した植物はやがて枯れ落ちて、微生物により発酵分解されて、また土へ戻されていきます。

ライズはその微生物が含まれた土壌活性作用のある農業資材です。

ライズを使用することで、自然のサイクルを壊さない土壌改善ができ、有機栽培のベースとなります。




 


 

「ライズ」の役割


○土壌微生物が健全な土壌をつくります。

○化学肥料の過剰な成分の分解を促進します。

○耐病性のある、美味しい作物を作ります。

○植物の健康な生育のために重要なケイ酸を供給します。

ライズの微生物は、土壌にある有機物を効率良く分解させ、堆肥を良く発酵させて地力を復元しますので、作物が丈夫によく育ち、味や品質が良くなります。

ライズの微生物は、肥料過剰の状態や、微生物の不足を改善する働きがありますので、化学肥料栽培にも大変効果があります。

ケイ酸を供給するライズ

植物の健康な生育のために重要な成分がケイ酸です。

○天候に左右されない苗を作る。

○丈夫で病気に強い健全な生育を促す。

○野菜や果物を美味しくする。


植物は土壌に普通にある鉱物ケイ酸を簡単には吸収はできず、川などからの用水に自然に含まれるものや微生物によって植物残渣・稲わら・もみ殻などが十分に分解され溶け出したものを吸収します。
「ライズ」には貝化石由来のコロイド状ケイ酸が約30%含まれています。このケイ酸は植物の吸収効率が大変良くケイ酸の供給に効果を発揮します。

乳酸菌・酵母・麹菌・放線菌などの有効微生物を多数培養した「ライズ」で分解された「もみ殻堆肥」は、とくにケイ酸が豊富な堆肥となります。

もみ殻堆肥の作り方はこちら

ライズを使ったもみ殻入り有機肥料「ユキパー」についてはこちら

ライズの使用量と使用方法

-ライズを使えば、ご家庭でも簡単に有機栽培ができます-
こんな経験があるかたは、ぜひライズをお試しください。

h3有機栽培で豊作だった畑が翌年は、どれもが不作だった。

h3肥料やけで、野菜や花が枯れてしまった。

h3花壇や畑に害虫がたくさん発生した。

h3収穫しきれなかった畑の残渣に虫が寄ってきた。または処分に困っている。

<使用量 ひとつかみ30gが目安。150g=5つかみ>

◆畑に残ってしまった野菜の残渣を堆肥に変える

有機栽培へのポイントは、

作物が生育するために必要な成分を、吸収した栽培後の作物の茎や葉っぱや株などの「残渣」を、いかに上手に土壌へ還元するかです。
処分に困る畑の取り残した野菜が、有効な堆肥に変身します。

野菜などの残渣1㎡に75g(2.5つかみ)の割合。

[方法1] ライズを振り掛けて畑にすき込む。残渣の発酵分解がある程度進むまで、夏場で1ヶ月以上、冬場で3か月以上その場所には作付しません。
[方法2] 残渣を集めて上記の割合でライズを混ぜ、畑等の片隅に小山に積んでおきます。たまに切返し(天地返し)をしながら数ヶ月置きます。全体の色が黒っぽくなって体積がかなり少なくなっていれば堆肥として使えます。これを畑全面か畝にすき込みます。その後2週間以上たてば作付が出来ます。

◆生ごみ発酵堆肥作り

コンポスト容器内の生ごみに30g1つかみ散布。

◆秋や春に、土を耕すときに散布する

根の張り良くし作物を丈夫にし、野菜や果物の味が良くなります。
土壌が改善されるので、石灰散布が不要になります。もちろん散布後すぐに、種まきや苗の植え付けができます。
1㎡に75g(2.5つかみ)散布して耕す。

◆育苗土に混ぜる

根張りが大変良くなり、発酵ケイ酸が苗を丈夫にします。2%混ぜる。
育苗土20㍑にライズ400g(13つかみ)。

◆鶏糞・牛糞や油かす類の有機質肥料を元肥として畑にすき込む

 土壌でぼかし肥料化し即効性ながら肥効が穏やかになり土が肥えます。
1㎡に75g(2.5つかみ)を散布して有機質肥料と一緒に耕す。

◆野菜をおいしくする

発酵した貝化石のカルシウムが野菜を美味しくします。
株まわりに散布し土に軽く混ぜます。

◆野菜を元気にする。

ライズの微生物が根を元気にし、発酵ミネラル・ケイ酸が作物の茎・枝・葉を健康体にします。
畝や通路に時々(月に1~2回)追肥します。
肥料成分の追肥ではないので追肥は普通に行います。追肥は有機肥料ユキパーをお奨めします。

ライズ成分分析

ライズに含まれる微生物数
一般生菌数 4.0×109/g
生酸菌(乳酸菌)数 2.9×109/g
酵母数 5.0×106/g
糸状菌数 1.0×107/g
放線菌数 1.0×107/g
ライズの成分組成
窒素 0.59% その他の微量要素
リン 0.51%
カリウム 0.45%
カルシウム 6.68% 無水硫酸
ケイ酸 29.75% 亜鉛 硫黄
苦土 0.19% アルミニウム 塩素
マンガン 0.05% ナトリウム ホウ素
pH 7.9 コバルト ほか
●ライズは開発されてから40年以上になる微生物資材です。
●ライズは全て安全なものを原料としており有機JAS規格に適合した資材です。
●当社は全国土壌改良資材協議会の会員です。
●(社)農山漁村文化協会様発行の「農業技術体系 土肥編」(全8巻)の第7巻の微生物資材の項目にライズの説明が掲載されております。
●農業分野で「土づくり」などいろいろ有意義な使い方ができる微生物資材です。使用方法等お気軽にお問合せください。

商品

土壌改良 微生物資材ライズ
有機土壌へ改善  ライズ®

貝化石を主原料とし、これに米糠・粉炭・カニガラ等を加えて乳酸菌・酵母・麹菌・放線菌などの有効微生物を多数培養した農業用の微生物資材です。

内容量及び価格(送料別)

粉状(こな)

15.0kg 税別2,150(税込2,322円)

粒状(つぶ)

15.0kg 税別2,400(税込2,592円)

 

【成分】:

【分析値】:ケイ酸29.75%  カルシウム6.68%  苦土0.19%  窒素0.59%  リン0.51%  カリウム0.45%  マンガン0.05%
PH7.9




※ライズは窒素・リン酸・カリの肥料成分をほとんど含んでおりませんので肥料ではありません。
※完全有機栽培を求める方は、有機肥料「ユキパー」と併用して御利用ください。






ライズ粉状(こな)15.0Kg
品名ご注文エリアご注文数量数量
粉状15kg【送料込み表示】



ライズ粒状(つぶ)15.0Kg
品名ご注文エリアご注文数量数量
粒状15kg【送料込み表示】
 

◆送 料
(カートの中は「送料込み価格」で表示されます。
送  料  東 北 北 海 道 関東/信越
/東海
北陸/関西 中国/四国  九 州
ライズ(粉・粒)

15Kg 1個当り
1個 710 980 870 870 980 1080
2~5個 500 710 610 650 710 780
※6袋以上は別途見積もり




生ゴミ分解剤  コンポライズ®

conporize
 

腐敗臭が少なく、虫がわきにくい。生きている発酵微生物の力で生ゴミを素早く分解、堆肥にリサイクル出来るライズの姉妹品です。

内容量及び価格(送料別)

1.0kg 1.5〜2カ月分 税別700(税込756円)

※コンポライズは土壌改良剤「ライズ」の姉妹品で安全なものを原料としており、有機JAS規格に適合します。
※生ゴミをコンポスト容器に入れたら、毎回「コンポライズ」20gを上から振りかけてご利用ください。




コンポライズ(粉状)1Kg

品名ご注文エリアご注文数量数量
コンポライズ【送料込み表示】

◆送料
(カートの中は「送料込み価格」で表示されます。
送  料  東 北 北 海 道 関東/信越
/東海
北陸/関西 中国/四国  九 州
コンポライズ

1.0Kg 1袋当り
1袋 830 1100 990 990 1100 1200
5袋 166 220 198 198 220 240
10袋 83 110 99 99 110 120
15袋 56 74 66 66 74 80